>> TOP > 製品紹介 > D-Unplugger
製品紹介 D-Unplugger
製品概要
動作環境
インストール方法
ドキュメント
改版履歴
価格
サポート
ダウンロード
製品一覧
製品概要
D-Unplugger Ver.1.10 ( 2005年10月16日 リリース)

 本製品 D-Unpluggerは、USBやIEEE1394で接続されたドライブ(FDD、CD-ROM、ハードディスク、各種カードリーダーなど)をコマンドラインから取り外す為のユーティリティープログラムです。
 本製品を使用することでタスクトレイから「ハードウェアの安全な取り外し」を実行するかわりに、コマンドラインから同様な操作を行うことができます。
 デスクトップにショートカットを作成すれば、ショートカットをクリックするだけでドライブを安全に取り外すことができます。ショートカットにホットキーを設定すれば、キーボード操作でも操作可能です。
 また、エラー発生時や取り外し可能になった際に表示されるメッセージボックスをバルーン表示にすることができ、ダイアログを閉じる煩わしい操作が不要になります。

 以下に、本製品の特徴を示します。
  1. 様々なデバイスに対応
     USBやIEEE1394で接続された FDD、CD-ROM、光磁気ディスク、ハードディスク(ハードディスクオーディオなどを含む)、各種カードリーダーなど様々なデバイスを取り外すことができます。(※本製品では、ドライブレターが割り振られていないデバイス(NICなど)は取り外すことはできません。また、確認済みハードウェアについてはこちらをご覧下さい。)
  2. ショートカットの自動作成ウィザードを用意
     ドライブを取り外すショートカットをウィザード形式で簡単に作成することができます。
  3. ハードウェア取り外しメッセージをバルーン表示にすることが可能
     ハードウェア取り外し時に表示されるメッセージをバルーン表示にすることができます。取り外しエラー時のメッセージや、取り外し可能状態になったことのメッセージボックスをバルーン表示させることで、不要なダイアログが表示されず、ダイアログを閉じる操作が不要になります。(バッチファイルから使用する場合にも便利です。)
画面イメージ
コマンドラインからドライブの取り外し

画面イメージ
ウィザードを使用して簡単にショートカットを作成

画面イメージ
デスクトップに作成されたドライブ取り外しのショートカット

画面イメージ
ショートカットに指定できるクールなアイコンを多数用意




取り外しエラー時のメッセージや、取り外し可能状態になったことのメッセージボックスを、
バールン表示させることが可能


 また、本製品は以下のメディアに掲載されました。
動作環境
下記OSの各日本語版が動作しているパーソナルコンピューター。

 Microsoft(R) Windows Server 2003
 Microsoft(R) Windows XP Professional (Service Pack1以降)
 Microsoft(R) Windows XP Home Edition (Service Pack1以降)
 Microsoft(R) Windows 2000 Server (Service Pack4以降)
 Microsoft(R) Windows 2000 Professional (Service Pack4以降)


※上記OSであっても、すべての環境で動作を保証するものではありません。

インストール方法
 ダウンロードしたファイルを解凍した後、 DUnpluggerSetup.msi をダブルクリックすると、Windows Installerによるセットアップが開始します。

 インストーラーは、Windows Installer 2.0を使用して作成されております。従いまして、Windows Installer 2.0のエンジンが必要となります。Winodws 2000 SP3以前 をお使いの場合で、Windows Installer 2.0以降がインストールされていない場合には新しいエンジンをインストールしてください。
 詳しくは、Microsoftのサポートページ http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;292539 をご覧ください。

ドキュメント
製品に添付している Readmeファイルをご覧ください。
改版履歴
バージョン リリース日 内容
Ver.1.10 2005/10/16 ハードウェア取り外しメッセージをバルーン表示にするオプションを追加。
 ドライブレターで指定する場合、存在しないドライブをスキップするオプションを追加。
Ver.1.00 2005/ 7/ 4  公開初版

価格
本製品は、フリーウェアです。
サポート
本製品に対する不具合等の報告は、サポート宛にメールにてお願い致します。
ダウンロード
ダウンロードするには、下記リンクをクリックしてください。